超!マンガ本レビュー

マンガ本を読み漁り、その感想を綴ります。

【コミック】世界で一番おっぱいが好き!

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51l61m0GekL.jpg

(Amazonの商品ページより引用)

 

 

 

書籍情報

タイトル:世界で一番おっぱいが好き!

作者:昆布わかめ (著)

出版社:KADOKAWA

ページ:137

ジャンル:学園モノ、ほのぼの系

 

この本を3行で要約すると・・・

・ひたすらおっぱいが好きな女の子が、巨乳のお友達に癒される話。

・エロいのかエロくないのか、なかなか絶妙。

・とにかくおっぱいって素晴らしい。

 

登場人物

市原千秋

ボーイッシュな女の子。

弓道部に所属し、周りの女子からカッコイイと思われているが、実はおっぱいが大好きで、おっぱいがないとエネルギー切れを起こしてしまう。

 

春見はな

千秋のお友達。

見事なおっぱいの持ち主。


内容紹介(一部ネタバレ含みます)

あらすじ

 

千秋は自分の通う学校の女子からの人気も絶大な「カッコイイ女子」。

周りからはそんなイメージを持たれているが、とにかくおっぱいを愛していて、ことあるごとにはなを呼び出してはおっぱいに埋もれたり、揉んだり、頭に乗せたり。。

でも(もちろん女子同士だからだけど)いやらしい気持ちは一切なく、ひたすらおっぱいが好きで癒されているだけ。

1話完結で、色んなシチュエーションで、色んな愛で方でおっぱいへの気持ちをぶつけるというお話です。

感想

男がやりたいようなことを、女子がやりたい放題やるという、なかなか悶々とさせる内容ですw

千秋がボーイッシュなのでなんとなく男に置き換えて読むのが正しい読み方かと。

 

しかし千秋のおっぱいへの愛情というか執着がおっぱいフェチの男の気持ちと通じるものがあり、非常に熱いです。

単におっぱい好きの女の子の話といえばそれまでですが、エロではないんだけどやってることはすごくエロい、でもやっぱりエロではない・・・

という、すごくいい線ついたマンガだと思います。

世界で一番おっぱいが好き! 1 (MFC キューンシリーズ)

世界で一番おっぱいが好き! 1 (MFC キューンシリーズ)